Scratch 3.0の削除マークが変わった件

Scratch 3.0の

  • スプライトリストのスプライト
  • スプライトリストの背景
  • コスチュームペインのコスチューム
  • サウンドペインの音

の、それぞれの要素の右上に、今まで丸に×印の削除マークがついていました。
ちなみに、Scratch 2.0の時も、削除マークは丸に×印のマークでした。

それが、2019年7月後半、たぶん7月25日前後に、このマークが変わりました。
現在のマークは、ゴミ箱の真ん中に×が描かれたマークです。

ゴミ箱のマーク:スプライトのサムネイル
ゴミ箱のマーク:スプライトのサムネイル
ゴミ箱のマーク:コスチュームのサムネイル
ゴミ箱のマーク:コスチュームのサムネイル
ゴミ箱のマーク:音のサムネイル
ゴミ箱のマーク:音のサムネイル
ゴミ箱のマーク:背景のサムネイル
ゴミ箱のマーク:背景のサムネイル

実は、最近、私はほぼ毎日、Scratch 3.0のオンラインエディターを触って、YouTube動画を作成しています。
たまたま、7月24日から30日まで、動画の制作を休んでいました。
どうもその間に、削除マークが変わったようです。
これは自分で気が付いたわけではなく、Scratch などのテーマで検索してよく見ている、とある方のTwitterを見て、7月末頃知りました。

そこで、自分の作った動画で確認して
みると、7月23日までに公開した YouTube 動画では丸に×印でしたが、

次に公開した7月31日の動画では、ゴミ箱のマークに変わっていました。

やはり、私がサボった間に変わっていました。
オンタイムで、変わったことに気がつきたかったものです。

これからは、YouTube動画製作を1週間もあけたりしないように、頑張ります!

 

Scratch 3.0のエディターの操作方法と文法の学習について

この投稿記事では、Scratch 3.0のエディターの機能を自己学習できる、IT企画研究所が販売するテキストと、Scratch 3.0の文法を学習する際に役立つ、IT企画研究所の無料のメール配信をご紹介します。

“Scratch 3.0のエディターの操作方法と文法の学習について” の続きを読む

Scratch 3.0 のオフラインエディターのインストール/起動/終了:Scratch Desktop

2019年1月2日(アメリカ時間)に、子供向けプログラミング言語ScratchのバージョンScratch 3.0がリリースされたのに伴い、それまでオフラインエディターと呼ばれていた、インストールして使用するタイプのエディターが、Scratch Desktopと呼ばれるようにもなりました。
ここでは、Scratch 3.0のScratch Desktopをインストールする方法と合わせて起動する方法、終了する方法を説明します。
“Scratch 3.0 のオフラインエディターのインストール/起動/終了:Scratch Desktop” の続きを読む