ブログ

子供向けプログラミング言語Scratch(スクラッチ):別のプログラムの一部をコピーして利用する方法:バックパック

今回は、スクリプトスプライトコスチューム背景をコピーして、そのプロジェクト内はもとより、別のプロジェクトでも利用できる、バックパックと呼ばれる機能を紹介します。

“子供向けプログラミング言語Scratch(スクラッチ):別のプログラムの一部をコピーして利用する方法:バックパック”の続きを読む

定番アルゴリズム:線形探索法と二分探索法

数の集合の中から、ある数を探し出すアルゴリズムとして有名なものに、線形探索法二分探索法と呼ばれるものがあります。
今回は、これら2つのアルゴリズムについて、説明します。

“定番アルゴリズム:線形探索法と二分探索法”の続きを読む

子供向けプログラミング言語Scratch(スクラッチ):実行時の値の入力

プログラムScratchではプロジェクトと呼びます)の実行時にユーザーが入力した値を、プログラムの中で使うプログラミングを行うとき、子供向けプログラミング言語 Scratch(スクラッチ)では[調べる]グループの2つのブロックを利用します。
このブログ記事では、その2つのブロックの使い方を説明します。

“子供向けプログラミング言語Scratch(スクラッチ):実行時の値の入力”の続きを読む

子供向けプログラミング言語Scratch:コメントを作成・削除する

子供向けプログラミング言語 Scratch(スクラッチ)では、他のプログラミング言語と同様、プログラムScratchでは、プロジェクトと呼びます)にコメントプログラミング言語によっては、注釈と呼ばれることもあります)を付けることができます。
今回は、コメントの便利な使い方をご紹介しながら、コメントを作成する方法と削除する方法を説明します。
また、実際の操作を動画でもご紹介します。

“子供向けプログラミング言語Scratch:コメントを作成・削除する”の続きを読む

色とRGB値と16進数について|フルカラーの取り扱い:IT基礎

今回は、コンピューターで扱う色について、特に、ディスプレイなどで使用する光で作る色を中心にお話しします。
具体的には、光の3原色加法混色)の原理と、コンピューターでは一般的なフルカラーの色数である24ビットカラー、すなわち、16,777,216色=16の6乗色の任意の色を表す方法を例に説明します。
また、このブログでは子供向けプログラミング言語 Scratch(スクラッチ)にフォーカスしているので、今回はおまけとして、Scratchでのフルカラーの色の制御の例を最後にご紹介します。

“色とRGB値と16進数について|フルカラーの取り扱い:IT基礎”の続きを読む

2進数、10進数、16進数の変換:IT基礎

プログラミングの世界では、10進数はもとより、2進数16進数を利用したり、2進数16進数で考えたりすることがあります。
そこで、今回は、これらの進数の変換方法(今回は整数の範囲)を説明します。
高校の教科「情報」などで、すでに、学習した方は、復習としてご覧ください。

“2進数、10進数、16進数の変換:IT基礎”の続きを読む

プログラミング言語の大人の学習方法について

このブログ記事では、プログラミング言語の経験がない大人の方に、プログラミング言語のスキルを習得するまでの学習の流れを説明します。

“プログラミング言語の大人の学習方法について”の続きを読む

プログラミング学習を、子供のために、親が今すぐ始めると良い3つの理由

ご存知のように、政府の成長戦略に伴い、学校でのプログラミング教育について、次の学習指導要領の改訂の年である2020年からの実施内容が、文部科学省の設けた有識者会議で検討されています。
これに伴い、IT企画研究所では、お母さん、お父さんご自身のプログラミング学習をお勧めします。
この記事では、その3つの理由をお話しします。

“プログラミング学習を、子供のために、親が今すぐ始めると良い3つの理由”の続きを読む

子供向けプログラミング言語Scratch:ブロックの形と数

Scratchにはブロックと呼ばれる命令がたくさん用意されています(日本語版Scratch Wikiによると、Scratch 2.0には、この記事を公開した時点では145個のブロックがあります)。
Scratchプログラミングは、主にブロックをドラッグ&ドロップでつなげていく作業になります。
Scratchブロックは、グループ(日本語版Scratch Wikiでは「カテゴリー」と訳されていますが、このブログでは「グループ」と呼んでいます。同じグループのブロックは同色で統一)と機能(同じ種類の機能のブロックは同じ形で統一)の2つの側面から分類することができます。
この記事では、ブロックの形と各グループのブロック数についてのお話しをします。

“子供向けプログラミング言語Scratch:ブロックの形と数”の続きを読む

子供向けプログラミング言語Scratch:計算だけでもスプライトのスクリプトを作る

今回は、計算して結果を表示するプログラムプロジェクト)を紹介ながら、どこに計算のスクリプトを作っていくとよいかについて説明します。

“子供向けプログラミング言語Scratch:計算だけでもスプライトのスクリプトを作る”の続きを読む