子供のプログラミングの先生になるお手伝いをします

What’s new

子供のプログラミング経験を支援する大人を応援します

IT企画研究所では、子供のプログラミング経験を促進するために、家庭や学校のPC環境を整えることができ、時には子供にアドバイスできる大人を増やす活動を行います。

具体的な支援のお相手は、お母様、お父様、おばあ様、おじい様はもとより、学校の先生、将来の先生候補である教員採用試験を目指す学生、ボランティア活動などを行う地域のリーダーの皆様などを考えています。
まず、手始めに、IT企画研究所が無料で公開しているブログなどで、子供向けプログラミング言語Scratchの概要をご覧になっていただければと思います。

世界的にも、日本でも、IT分野の急速な発展や理系を履修する学生の少なさなどから、近い将来のIT人材の不足が危惧され、政府や企業が子供のプログラミング教育に注目している昨今では、Scratchをはじめとする子供向けプログラミング言語が数多く開発され、子供を対象とするプログラミング教室なども日々増加しています。

日本でも、プログラミング教育の義務教育化が検討され始めています。

一方、学校の先生をはじめとする多くの大人は、プログラミングに直接かかわった経験がないというのも、また、事実です。

子供の教育という観点からプログラミングを見たとき、プログラミングは、

  • 分析力
  • コミュニケーション力
  • 問題解決能力
  • 創造力

などを育むことができる教科/単元となります。

ある問題を分析し、自分たちでゴールを設定して、周りの大人や友人に相談しながら、創造力を発揮して、問題解決することができれば、きっと大きな自信になります。
さらに、今まで使い過ぎで怒られてきたPCやデジタル機器を使用する立場から、それで役に立つ何かを創造する立場にシフトすることは、子供にとって新鮮な経験になります。

現代の子供たちは生まれたときからデジタル機器に囲まれ、それらを臆せず器用に使いこなせる、いわゆる、デジタルネイティブです。
そのため、実は多くの子供は、子供向けに開発されたプログラミング言語でのプログラミングを、環境とはじめのちょっとした導きがあれば、試行錯誤しながら自力で進めていく力があります。

だから、子供のプログラミング教育を広げるキーとなるのは、子供に環境を与え、基本的なプログラミング方法を伝え、試行錯誤を見守ることができる大人の育成だと考えました。
その大人の育成に、IT企画研究所は注力していきます。

IT企画研究所