子供向けプログラミング言語Scratch:コメントを作成・削除する

子供向けプログラミング言語 Scratch(スクラッチ)では、他のプログラミング言語と同様、プログラムScratchでは、プロジェクトと呼びます)にコメントプログラミング言語によっては、注釈と呼ばれることもあります)を付けることができます。
今回は、コメントの便利な使い方をご紹介しながら、コメントを作成する方法と削除する方法を説明します。
また、実際の操作を動画でもご紹介します。


【目次】
1.コメント概要
1.1.コメントとは
1.2.コメントによって実現できること
2.Scratchのコメント
2.1.Scratchのコメント:概要
2.2.Scratchのコメント:作成方法
2.3.Scratchのコメント:作成時の注意事項
2.4.Scratchのコメント:全行表示⇒折りたたんで一行で表示
2.5.Scratchのコメント:折りたたんで一行で表示⇒全行表示
2.6.Scratchのコメント:コメントの移動
2.7.Scratchのコメント:削除方法
3.まとめ
4.おまけ

1.コメント概要

1.1.コメントとは

プログラミング言語の多くは、コメントとか注釈と呼ばれる機能を持っています(以降、このブログ記事では、コメントと呼ぶことにします)。

コメントは、プログラムそのものには何の影響も与えず、プログラムの決められた範囲の場所に、任意の文字列を書き込める機能です。

プログラミングを行うときの心がけとして、もっとも重要なことの1つに、自分は元より他の人が見てもわかりやすいものを作るということがあります。
コメントは、わかりやすいプログラムを作る助けになる機能の1つです。

1.2.コメントによって実現できること

大きなプログラムや複雑なアルゴリズムを作っている最中などに、ある部分について、その意図や意味などをメモで残したいときがあります。
例えば、アルゴリズムとしては後判定が自然なときでも、Scratchなどのようにプログラミング言語の仕様として後判定の命令がない場合は、無理やり前判定の命令を使って不自然に見える処理の流れを作ることがあります。
そういったことをメモとして残す際に、一番良い場所がプログラムの中であり、それを実現できるのが、コメントの機能になります。

コメント以外に、プログラムに関するメモを残せる場所としては、プログラムの仕様書などの書類があります。
これらの書類は、当然、プログラム本体とは別に存在します。
書類にだけプログラムに関するメモを残した場合、自分自身でもそのメモを見るためにわざわざ書類にアクセスする必要があって面倒である上、自分以外の(プログラムの修正や再利用などを担当する)人はメモがあること自体を知る機会がないまま見逃したり、見る機会を持てなかったり、書類の場所がわからなかったりすることもあると考えられます。
そういったことを考えると、プログラマーに伝えたいプログラムの細かいメモは、やはり、直接プログラムに書き込むコメントが、確実に、また、プログラマーに手間を取らせずに情報を伝えるとても便利な手段であることがわかると思います。

2.Scratchのコメント

2.1.Scratchのコメント:概要

Scratchコメントは、スクリプトエリア内の次の2つの場所に作成することができます。
(1)任意の場所
(2)任意のブロックブロックに紐付けして作成)

2.2.Scratchのコメント:作成方法

Scratchスクリプトエリアコメントを作成するには右クリックを使います。
(1)任意の場所に作成する方法
スクリプトエリアの任意の場所にコメントを作成するには、次の一連の操作を行います。
1. スクリプトエリアの任意の場所で右クリック
2.[コメントを追加]をクリック
3. コメントの内側にカーソルが位置付くので、そのまま文字列を入力

(2)任意のブロックに紐付けて作成する方法
スクリプトエリアの任意のブロックコメントを紐付して新規作成するには、次の一連の操作を行います。
1. スクリプトエリアコメントを紐付けたい任意のブロックの上で右クリック
2.[コメントを追加]をクリック
3. コメントの内側にカーソルが位置付くので、そのまま文字列を入力

2.3.Scratchのコメント:作成時の注意事項

少なくとも、Google Chromeでは、スクリプトエリアの表示が縮小(右下⊖のクリックで縮小操作)表示や拡大(右下⊕のクリックで拡大操作)表示されている場合などで、紐付けしようとしたブロックではない、近くのブロックに紐付けされてしまうことがあります。
できるだけそういったことを避けるには、等倍表示(スクリプトエリア右下の=をクリック)をしてから紐付けを行うと、良いようです。

2.4.Scratchのコメント:全行表示⇒折りたたんで一行で表示

コメントは、そのまま内容のすべてを表示する以外に、折りたたんで一行分の大きさで表示する状態にすることができます。
全行表示のコメントを折りたたんで一行で表示するには、次の操作を行います。
1. コメント左上角の三角形をクリック

2.5.Scratchのコメント:折りたたんで一行で表示⇒全行表示

折りたたんで一行で表示しているコメントを全行表示するには、次の操作を行います。
1. コメント左上角の三角形をクリック

2.6.Scratchのコメント:コメントの移動

作ったコメントを、移動することができます。
(1)任意の場所から移動して任意のブロックに紐付け
コメントを任意の場所から移動して任意のブロックに紐付けするには、次の2つの操作を行います。
1.任意の場所にあるコメントの一番上の黄色が濃い部分をドラッグ
2.紐付けしたいブロックの上でドロップ

(2)任意のブロックに紐付けされているコメントを任意の場所に移動
任意のブロックに紐付けされているコメントを任意の場所に移動するには、次の2つの操作を行います。
1.任意のブロックに紐付けされているコメントの一番上の黄色が濃い部分をドラッグ
2.任意の場所でドロップ

2.7.Scratchのコメント:削除方法

コメントを削除する方法は、次の①~③の3つあります。
① メニューの鋏マークを使う方法
1.メニューの鋏マークをクリックし、カーソルを鋏マークにする
2.カーソル(鋏マーク)を削除したいコメントの上に合わせてクリック

②右クリックで行う方法
1. コメントの上で右クリック
2.[削除]をクリック

③ドラッグ&ドロップで行う方法
1.削除したいコメントをドラッグ
2. ブロックパレット上でドロップ

3.まとめ

Scratchコメントは、次の性質があります。
コメントスクリプトエリアに作ることができる
コメントスクリプトエリアの任意の場所に作ることができる
コメントブロックに紐付けて作ることもできる
・作ったコメントは、スクリプトエリアの任意の場所や、任意のブロックに移動することができる
コメントは上部の3角形をクリックして、折りたたんだり、広げたりできる
コメントは3種類の削除方法がある

4.おまけ

Scratchコメントの作成方法と削除方法を簡単にまとめたYouTube動画をこちらからご覧いただけます。

コメントを残す