Scratchのコミュニティーを見て参加してみよう!

アメリカのマサチューセッツ工科大学のライフロングキンダーガーテングループが管理運営する、Scratchコミュニティーサイトの概要を説明します。

【目次】
1.Scratchコミュニティーサイトの概要
2.Scratchコミュニティーサイトとユーザー登録(サインアップ)
3.Scratchコミュニティーサイトの機能一覧
3.1.サインアップ/サインインが不必要な作業一覧
3.2.サインアップ/サインインが必要な作業一覧
4.Scratchコミュニティーサイトの利用
5.まとめ
6.おまけ
6.1.オンラインエディターを使い始めるための動画
6.2.オフラインエディターを使い始めるための動画

1.Scratchコミュニティーサイトの概要

子ども向けプログラミング言語Scratch(スクラッチ)には、その利用者のために、Scratchを開発した米マサチューセッツ工科大学(MIT)のライフロングキンダーガーテン(生涯幼稚園)グループが管理運営するScratchコミュニティーサイトがあります。

Scratchコミュニティーサイトでは、インターネットにつながっているコンピューターやタスブレット、スマホから、すぐにいつでも利用できるオンラインエディターや、コンピューターやタスブレットから、ダウンロードしイントールして利用するオフラインエディターが提供されています。

また、Scratchコミュニティーサイトには、他にもいろいろな機能や環境が無償で用意されています。
Scratchは、元々8歳〜16歳を対象に開発されたプログラミング言語であるため、コミュニティーサイトでは、子どもを対象としたチュートリアルやカードなどが提供されている他、先生や保護者、さらには、業者を対象とした情報やツール、コミュニティーなども用意されています。

2.Scratchコミュニティーサイトとユーザー登録(サインアップ)

Scratchコミュニティーサイトでは、ユーザー登録の仕組みがあります。

ユーザー登録は、誰でも無料で行うことができますが、13歳以下の方は、保護者の同意が必要です。

ユーザー登録をしていない方でも、Scratchコミュニティーサイトのかなり多くの機能を使うことが可能です。
例えば、
・オンラインエディターを使用してプログラムを作ること
・オンラインエディターで作ったプログラムをユーザー自身のコンピューターに保存すること
・コンピューターに保存してあるScratchのプログラムをオンラインエディターで開いて修正すること
・オフラインエディターをダウンロードすること(もちろん、その後インストールして使用すること)
・他人が作ってScratchコミュニティーサイトで公開(Scratchコミュニティーサイトの用語では共有)しているプログラムを閲覧し、実行してみること
・統計情報や保護者、先生、業者向けの情報を見ること
・Scratch Wikiを参照すること
・フォーラムを閲覧すること
‥‥‥
などがあります。

一方、Scratchコミュニティーサイトにユーザー登録をした場合は、しない場合に利用できる機能にプラスして、次のような機能も用意されています。
・オンラインエディターで作成したプログラムが自動保存される、Scratchコミュニティーサイト上の個人の領域[私の作品]を利用できること
・[私の作品]上の自分のプログラムをScratchコミュニティーサイトで共有できること
・他のユーザーが共有したプログラムを修正して(これをリミックスと言います)、共有すること
・異なるプログラム間で、その一部をコピーして利用すること(オンラインエディターのバックパック)
・フォーラムに投稿すること
‥‥‥
などがあります。

なお、Scratchの世界では、ユーザー登録することをサインアップと言います。
また、登録したユーザー名でログインすることをサインイン、ログアウトすることをサインアウトと言います。

3.Scratchコミュニティーサイトの機能一覧

3.1.サインアップ/サインインが不必要な作業一覧

・言語表記の変更
・公開(Scratchでは共有と言います)されたプロジェクトの閲覧
・共有プロジェクトの実行
・Scratch Wikiの参照
・オフラインエディターのダウンロードとインストール
・オンラインエディターの利用
・エディターのチュートリアルの利用
・スタジオの閲覧
・ディスカッション フォーラムの閲覧
・統計情報の閲覧
・教職員向けページの閲覧
・保護者向けページの閲覧

3.2.サインアップ/サインインが必要な作業一覧

・サインアップ
・サインイン
・サインアウト
・プログラム(Scratchではプロジェクトと言います)ファイルの保存;自分のPCに
・プロジェクトファイルの保存;[私の作品]に
・プロジェクトファイルの読み込み;自分のPCに
・プロジェクトファイルの読み込み;[私の作品]に
・[私の作品]のプロジェクトファイルの削除・共有
・[私のスタジオ]の作成・運営・管理
・コメントの送信
Scratcher
クラウド変数の利用
・リミックス
・自分のスタジオに他者のプロジェクトを表示
・ディスカッション フォーラムへの投稿

4.Scratchコミュニティーサイトの利用者

Scratchコミュニティーサイトは、40以上の言語をサポートし、150以上の国や地域の人々に利用されています。

Scratchコミュニティーサイトの統計情報ページでは、Scratchコミュニティーサイトの国や地域別、年齢層別の利用状況などの最新の統計情報を、いつでも誰でも自由にご覧になれます。

この統計情報ページの内容は、Scratchコミュニティーサイトにユーザー登録した方が登録時に提供した情報に基づいています。
Scratchコミュニティーサイトの利用にユーザー登録は必須ではないことと、一人のユーザーが異なるメールアドレスを使って複数のユーザー登録を行えることを考慮すれば、実際のScratchコミュニティーサイトの利用者数と統計情報はイコールではありませんが、登録者の動向がわかることで、全体の流れを把握することができます。

5.まとめ

MITの生涯幼稚園グループが管理運営するScratchコミュニティーサイトは、Scratchを利用する世界中の老若男女のための無料サイトです。
誰でも、ユーザー登録をしていなくても、Scratchのエディターを利用したりできたり、オフラインでScratchを使える環境も簡単に入手できる上、ユーザー登録をすれば、オンライン上にプログラムを保存できたりなど、いつでも、思い立った時にScratchプログラミングを学習できるように支援する、とても便利な環境です。

6.おまけ

6.1.オンラインエディターを使い始めるための動画

オンラインエディターの起動と終了は、こちらの動画をご覧ください。

6.2.オフラインエディターを使い始めるための動画

オフラインエディター(Scratch Desktop)のインストールは、こちらの動画をご覧ください。

コメントを残す