NHKの子供向けプログラミング教育(Scratch または スクラッチ)番組

このページでは、子供向けプログラミング言語 Scratchの概要と日本語表記について説明します。

昨日(2016年2月23日)も、日テレ系の夕方のニュース番組で子供のプログラミング教育について特集を組んでいましたが、この春NHK Eテレでもプログラミング教育の番組『Why!?プログラミング』(3月21~25日 後3:30)を放送するそうです。
この番組は子供向けの番組で、Scratch(スクラッチ)を題材とするようです。

Scratch概要

ご存知のようにScratch(スクラッチ)はアメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)のライフロングキンダーガーテングループ(生涯幼稚園グループと訳している方もいます)が開発し、Scratchコミュニティーサイトから無償で提供されている子供向けプログラミング言語です。

Scratchコミュニティーサイト

このScratchコミュニティーサイトでは、フォーラムで情報を交換したり(日本語のやりとりもあります)、Scratch WikiScratchの仕様を調べたり、サイト上でプログラミングすることが可能(オンラインエディターと呼ばれるホームページを使用)で、さらに、インターネットがつながっていないところでもプログラミングを可能にするオフラインエディターと呼ばれる編集ソフトを無償で入手したり、自分の作った作品(プログラミングしたプログラムのこと。ちなみに、Scratchの世界では、Scratchで作ったプログラムのことをプロジェクトとも呼びます)を発表したり、人の作った作品を閲覧できる他、人の作った作品を修正して改良することも許されています。

百聞は一見に如かずです。
お子様のプログラミング教育に興味をお持ちの方は、放送が始まる前に、一度、Scratchコミュニティーサイトを訪れてみてはいかがでしょうか。

なお、Scratchコミュニティーサイトを表示するのがはじめての場合、そのすべてが英語で表記される場合があります。
次の方法で一度日本語表記に変えると、次に同様の方法で他の言語の表記に変えるまでは、ページを終了して再度表示した場合でも、日本語表記が続きます。
ただし、はじめから日本語に翻訳されていない部分は、日本語表記の指定中でも、英語でしか表示されません(Scratch Wikiなど)。

Scratchコミュニティーサイトを日本語表記にする方法

  1. Scratchコミュニティーサイトのページの一番下の部分にある、はじめは「English」という文字が入っているテキストボックスの内側をクリックする
  2. 表示されたリストの中から、「日本語」を探し(右側のスライドバーをマウスで上下にドラッグするか、上向き矢印キー/下向き矢印キーなどを使用)、その文字の上でクリックする

ちなみに、「日本語」の代わりに「にほんご」を選択すると、平仮名表記になります。
Scratchは8歳から16歳を対象として開発されたので(現在は8歳より小さい子、16歳より年上の人も含む、すべての年齢、すべての人を対象に提供されています)、小さい子のために平仮名表記が提供されています。

コメントを残す