公開されているScratch 3.0のプログラムを閲覧したり実行したりする方法

この記事では、他人が作って公開中のScratch 3.0のプログラムを、閲覧したり、実行したりする方法を説明します。

なお、Scratchコミュニティーサイトでは、Scratchのプログラムをプロジェクトと言い、公開することを共有すると言います。 
この記事では、プログラムはプログラム、公開は共有という言葉を使って説明します。

[目次]
1.共有されたScratch 3.0のプログラムの閲覧
2.共有されたScratch 3.0のプログラムの実行
3.まとめ

1.共有されたScratch 3.0のプログラムの閲覧

Scratchコミュニティーサイトは、誰でもいつでも利用が可能な無料のオンラインコミュニティーサイトで、アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)の生涯幼稚園(ライフロングキンダーカーテン)グループが管理運営しています。

Scratchコミュニティーサイトトップ

Scratch 3.0のプログラムは、Scratch コミュニティーサイトで共有され、ここで共有されたプログラムは誰でもいつでも閲覧できます。

Scratch 3.0の共有されたプログラムの閲覧は、インターネットが利用できホームページを表示できる PC やタブレット、スマホなどがあれば、誰でもすぐに行うことができます。

Scratch 3.0の共有されたプログラムの閲覧は、Scratchコミュニティーサイトの[見る]メニューをクリックして表示される[見る]ページから検索して行います。

Scratch コミュニティーサイトの[見る]ページ

虫眼鏡のマークが付いたメニューの検索欄に適当なキーワードを入力して検索すると、そのキーワードがプログラム名に入ったプログラムが検索できます。 

例えば、「ハノイの塔」と入力して検索してみます。

[見る]ページで「ハノイの塔」を検索

検索して表示されたプログラムのサムネイルの一覧から1つクリックして選択すると、そのプログラムのプロジェクトページと呼ばれるページが開きます。

なお、同じキーワードで検索されるプログラムは思ったより多く、検索結果で表示されるプログラムはそのほんの一部であることがほとんどです。

さらに表示したい場合は、そのリストの最下部にある[もっと読み込む]ボタンをクリックします。

[もっと読み込む]ボタン

一度ならず何度も[もっと読み込む]ボタンが表示されることもあります。

検索して表示された中から1つサムネイルをクリックして、見たいプログラムを選択します。

1つ選択する直前

サムネイルをクリックすると、そのプログラムのプロジェクトページと呼ばれるページが表示されます。

クリックして選択したプログラムのプロジェクトページ

2.共有されたScratch 3.0のプログラムの実行

Scratch 3.0の共有されたプログラムの実行は、インターネットが利用できホームページを表示できる PC やタブレット、スマホなどがあれば、誰でもすぐに行うことができます。

Scratchのプログラムをプロジェクトページで実行するには、そのプログラムの実行に必要なイベントを発生させます。

イベントとは、画面上の絵の上でクリックするとか、何かのキーを押すとかといった操作などのことを言います。

プログラムの実行に必要なイベントは、そのプログラムのプログラミング内容によります。 

そのため、どのイベントでそのプログラムを実行できるかの情報は、そのプログラムを作った人から得るか、それが不可能であれば、そのプログラムの内容を読み解いて知るしかありません。

そのプログラムを作った人から実行の方法を教えてもらうには、その人に直接聞くか、その人がそのプログラムについて書いたものを読みます。

Scratchコミュニティーサイトで共有されたプログラムのプロジェクトページには、そのプログラムの使い方を記すための[使い方]欄があります。

そこで、まったく知らない人が作ったプログラムを実行する場合は、実行のためのイベントを知るために、プロジェクトページの[使い方]欄を見ます。 

ただ、[使い方]欄を見ても実行のためのイベントを知ることができない場合が多々あります。

例えば、作った人が[使い方]欄の存在を知らなかったり小さな子供だったりで、実行のためのイベント情報をまったく記入していない場合や、 [使い方]欄に実行のためのイベント情報を記していたとしても、自分の得意な言語ではなく読んで理解することができない場合などです。

そのような場合は、最終的にはプロジェクトページの右上にある[中を見る]ボタンからオンラインエディターを開いてプログラムの中身を読まなければなりませんが、その前に、次の2つのことを試してみると良いと思います。

共有されたプログラムの実行方法を見つけるための1つめの試みは、 緑の旗のボタンをクリックしてみることです。

ご存知の方も多いと思いますが、 Scratchでは、こだわりがあって実行を開始するためのイベントを特定のイベントにしたい場合以外は、できるだけ緑の旗のボタンをクリックして実行を開始するようにプログラミングすることを推奨されています。

このことは、 Scratchを学習する人々の間の”暗黙の了解” とされていますが、もちろん、 その暗黙の了解を知らないまま Scratchを利用している人もたくさんいます。

そういった状況であることから、実行のためのイベントの情報がない場合に緑の旗のボタンをクリックすることで必ず実行が開始できるわけではありませんが、それを試してみる価値はあります。

例えば、このハノイの塔のプログラムは、[使い方]欄より、緑の旗をクリックして実行するプログラムであることがわかります。

このプログラムの実行方法([使い方]欄)

共有されたプログラムの実行方法を見つけるための2つめの試みは、ステージの絵柄を見て想像してみることです。

例えば、ステージに「Start」や「スタート」などの字が書かれたボタンの絵があれば、そのボタンをクリックすることが実行を開始するためのイベントである可能性が高いです。

ただ、 例えば、ステージにボタンが複数あり、それぞれに書かれた文字が自分にはわからない言語の文字だった場合は、どれをクリックして始めたらよいのか、判断がつかないかもしれません。

上記の2つの方法を試みてうまく実行できなければ、プロジェクトページ右上の[中を見る]ボタンをクリックすることでプログラムの中身をオンラインエディターで表示し、プログラムを読んで、実行開始方法を見つけてください。

[中を見る]ボタン

プロジェクトページ右上の[中を見る]ボタンをクリックしてオンラインエディターを開いて中を見たプログラムのプロジェクトページを再び表示するには、そのエディターのメニュー欄にある[プロジェクトページを見る]ボタンをクリックします。

[中を見る]ボタンをクリックして表示されたオンラインエディターの[プロジェクトページを見る]ボタン

人が作ったプログラムを見ると、こんなこともできるのかとか、自分だったらここをもっとこうしたいと思うことが多く、とても参考になります。

皆さんも是非、いろいろなプログラムを参照してみてください。

なお、Scratchコミュニティーサイトで自分のプログラムを共有する方法は、近日中に別のブログ記事で説明する予定です。

3.まとめ

Scratch コミュニティーサイトでは、インターネットに繋がった PC やタブレット、スマホがあれば、ユーザー登録やログインをすることなく、共有された Scratch のプログラムを閲覧したり実行したりすることができます。

Scratch のプログラムの閲覧は、 Scratch コミュニティーサイトの [見る]メニューから行います。

[見る]メニューで検索し、特定のプログラムをクリックして選択すると、そのプログラムのプロジェクトページが開きます。

そのプログラムの実行は、プロジェクトページで行うことができます。

実行方法は、プロジェクトページの[使い方]欄を見ると書いてある場合もありますが、書いていない場合もあります。 

書いていない場合は、とりあえず緑の旗をクリックして実行してみます。

緑の旗のクリックででうまく実行できなければ、オンラインエディターでそのプログラムを開いてプログラムの詳細を読み解き、実行方法を探します。

そのプログラムをオンラインエディターで開くには、プロジェクトページの右上にある[中を見る]ボタンをクリックします。

もちろん、オンラインエディター内でそのプログラムを実行することも可能です。

プロジェクトページから[中を見る]ボタンをクリックしてオンラインエディターを開いた場合、オンラインエディターのメニュー欄にある[プロジェクトページを見る]ボタンをクリックすることで、再びそのプログラムのプロジェクトページを開くことができます。

以下は、共有されたプログラムの閲覧と実行方法をまとめたYouTube 動画です。

コメントを残す