子供向けプログラミング言語Scratch:線を描く―基本:スプライトはペンになる!

夏休み1日10分 ブログでScratch講習(大人向け):第1弾<絵を描く>1日目
1. 線を描く―基本:スプライトはペンになる!
(1) [ペン]グループの[ペンを下ろす]ブロック
(2) [動き]グループのブロックで移動する
(3) [ペン]グループの[ペンを上げる]ブロック
(4) 別スプライトスクリプトのコピー

Scratchでは、どんなスプライト(動かすもの)でもペンになります。

今回は、まず、Scratchを新規作成で開くと用意されている猫のスプライト(動かせるもの)を、ペンとして利用して線を描いてみます。

スプライトをペンとして線を描く方法

スプライトを使って線を描く手順の概要は、[ペンを下ろす]⇒スプライトを移動⇒[ペンを上げる]です。
描かれる線は、スプライトで選択されているコスチュームの中心が、ステージ上を移動した軌跡です。

今回は、猫のスプライトを100歩動かして、その軌跡を線として描画します。

ここまでの流れを次の動画でご覧いただけます。

猫の口元あたりから線がひかれました。
線はスプライトスクリプトの中心の動いた軌跡です。
スクリプトの中心の変更方法は、次のテーマで取り上げる予定です。

では、次に、組み込みの鉛筆のスプライトを読み込んで、鉛筆のスプライトをペンとして、猫のスプライトスクリプトをコピーして線を描いてみます。
スクリプトをコピーする方法はいくつかありますが、今回はドラッグを使う簡単な方法を紹介します。

別スプライトのスクリプトをコピーする方法

猫も鉛筆も、移動し、線を描きました。
明日以降に、ペン先をそれらしい位置に変えたり、一度実行して描いた線を消したりする方法などを順次説明します。

下の動画は、別スプライトスクリプトをコピーする操作の動画です。

今日ここまでで作ったプロジェクトは、Scratchコミュニティーサイトで公開しています。
このリンクからご覧ください。

その他参考ブログ記事:
プログラミングとは・・・子供のプログラミング教育を考えるための基礎用語

子供向けプログラミング言語について・・・子供のプログラミング教育を考えるための基礎用語

子供向けプログラミング言語Scratch-オンラインエディターの表示方法

子供向けプログラミング言語Scratch-オンラインエディターの終了方法

子供向けプログラミング言語Scratch-エディターの各部名称と役割とは

子供向けプログラミング言語Scratch-座標について

コメントを残す