子供向けプログラミング言語Scratch:線を描く―ペン先:スプライトのペン先の位置を決める

夏休み1日10分 ブログでScratch講習(大人向け):第1弾<絵を描く>2日目
2. 絵を描く―ペン先:スプライトのペン先の位置を決める
(1) スプライトコスチュームの中心の確認
(2) スプライトコスチュームの中心の変更

1日目のブログ記事でお話ししたように、Scratchでは、スプライトをペンとして使用できます。
[ペン]グループの[ペンを下ろす]ブロックの実行から[ペンを上げる]ブロックの実行までの間に、[動き]グループのブロックなどの実行によって、スプライトコスチュームの中心が移動した軌跡に線がひかれます。
今回は、スプライトコスチュームの中心の位置の確認と変更方法を説明します。

1日目のブログ記事では、猫も鉛筆もスプライトコスチュームの中心については特に調整することなく、デフォルトのまま線をひくプロジェクトを作りました。
その結果、猫は口元から線がひかれ、鉛筆も先端の芯の部分からは程遠い、握る部分の真ん中あたりから線がひかれて、不自然な絵になりました。

今回は、まず、スプライトコスチュームの中心がどのあたりに位置づいているかを確認する方法を説明します。

スプライトのコスチュームの中心の確認方法

次の動画はコスチュームの中心を確認する操作の例です。
1日目のブログ記事で作成したプロジェクトの猫と鉛筆のスプライトコスチュームの中心を確認しています。

では、次に、スプライトコスチュームの中心の変更方法を説明します。
変更方法は、先の確認方法でコスチュームペイン右上角にある十字のボタンをクリックするところまでは同じ操作になります。

スプライトのコスチュームの中心の変更方法

次の動画はコスチュームの中心を変更する操作の例です。
1日目のブログ記事で作成したプロジェクトの、猫のスプライトコスチュームの中心を猫の足元に、鉛筆のスプライトコスチュームの中心を鉛筆の芯の先端に変更しています。

2個目の動画をご覧になってわかる通り、猫も鉛筆それぞれをペンとしたときのペン先の位置を端に変更したので、描き出す位置がより自然なペンになりました。
多分、皆さんが次に解決したい問題は、過去の実行で描かれた線を消したい…ではないでしょうか。

次のテーマは、消すことを取り上げる予定です。

今日ここまでで作ったプロジェクトは、Scratchコミュニティーサイトで公開しています。
このリンクからご覧ください。

その他参考ブログ記事:
子供向けプログラミング言語Scratch:線を描く―基本:スプライトはペンになる!

プログラミングとは・・・子供のプログラミング教育を考えるための基礎用語

子供向けプログラミング言語について・・・子供のプログラミング教育を考えるための基礎用語

子供向けプログラミング言語Scratch-オンラインエディターの表示方法

子供向けプログラミング言語Scratch-オンラインエディターの終了方法

子供向けプログラミング言語Scratch-エディターの各部名称と役割とは

子供向けプログラミング言語Scratch-座標について

コメントを残す